アミューの新作マンガ「この音とまれ!1」レビュー

コンテンツ

アミューの新作マンガ「この音とまれ!1」をレビューします。先輩が卒業して箏曲部ただ一人の部員になった武蔵。四月になり新入部員の勧誘に励むのだが、部の存在自体を知らない人も居る状態。そんな彼の前に現れた、見るからに不良で箏とは縁の無さそうな新入生が入部したいと言い出して!? undefined

この音とまれ! 1

ストーリー

このマンガは、武蔵が箏曲部の部員となり、新入部員の勧誘に励む中、不良な新入生が入部したいと言い出すというストーリーです。武蔵は新入部員を勧誘するために様々な手段を試しますが、それらがうまくいかず、新入部員が入部しない状況が続いています。そんな中、不良な新入生が入部したいと言い出してきます。武蔵はどうするべきか悩みますが、その新入生が箏曲部に入部することで、新しい展開が始まります。

描写

アミューのマンガは、細かい表情や表現がとても素晴らしいです。特に、武蔵の悩みや様々な表情がとてもリアルで、読者が彼の気持ちを共感できるような描写になっています。また、新入部員たちのキャラクターも非常に魅力的で、それぞれが持つ性格がしっかりと描かれています。



音楽

このマンガでは、箏曲部の部員たちが演奏する楽曲が登場します。楽曲は、箏曲部の部員たちが演奏する楽曲を中心に、様々なジャンルの音楽が登場します。それらの音楽が、ストーリーをより深く描くのに役立っています。

まとめ

アミューの新作マンガ「この音とまれ!1」は、武蔵が箏曲部の部員となり、新入部員の勧誘に励む中、不良な新入生が入部したいと言い出すというストーリーです。描写も細かく、音楽も登場しており、ストーリーをより深く描くのに役立っています。ぜひ、このマンガを読んでみてください! Amazonで購入する