「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」―みささぎ楓李、佐倉紫、稲垣のん

[久慈マサムネ] 魔装学園 h×h 」―みささぎ楓李、佐倉紫、稲垣のん、「 コロコロ アニキ レッツ & ゴー 」の「運命の相手は、やんごとなき人でした」という言葉があります。

コンテンツ

「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」は、みささぎ楓李、佐倉紫、稲垣のんの作品です。ミランダは、五年の時を過ごした修道院から出た途端、ヴィクターから突然プロポーズを受けるが、一切身に覚えがない。「おまえは五年前の約束通り、責任を取っておれと結婚するんだ」というヴィクターの言葉に、ミランダは驚きと不安を抱えながらも、彼との結婚を決意する。

運命の相手は、やんごとなき人でした 1

ストーリー

「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」は、ミランダとヴィクターの物語です。ミランダは、五年前に修道院に入った後、出てきた途端にヴィクターから突然プロポーズを受けます。しかし、ミランダは一切身に覚えがない。「この人は何者? 五年前の約束で結婚って何で!?」という疑問を抱えながらも、彼との結婚を決意するミランダ。そして、彼らの結婚生活が始まります。



キャラクター

「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」の主人公は、ミランダとヴィクターです。ミランダは、五年前に修道院に入った後、出てきた途端にヴィクターから突然プロポーズを受けます。ミランダは、ひねくれ者で無表情で揶揄されるタイプの女性です。一方、ヴィクターは、ミランダと五年前に約束したという男性です。彼は、ミランダに対して深い愛情を抱いています。

評価

「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」は、ミランダとヴィクターの物語です。ストーリーは、ミランダが五年前に修道院に入った後、出てきた途端にヴィクターから突然プロポーズを受けるという、非常に面白い展開です。キャラクターも、ミランダとヴィクターの2人が非常に魅力的です。この作品は、読んでいて非常に楽しいです。

まとめ

「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」は、みささぎ楓李、佐倉紫、稲垣のんの作品です。ミランダは、五年の時を過ごした修道院から出た途端、ヴィクターから突然プロポーズを受けるが、一切身に覚えがない。ストーリーは、ミランダが五年前に修道院に入った後、出てきた途端にヴィクターから突然プロポーズを受けるという、非常に面白い展開です。キャラクターも、ミランダとヴィクターの2人が非常に魅力的です。この作品は、読んでいて非常に楽しいです。

「運命の相手は、やんごとなき人でした 1」は、みささぎ楓李、佐倉紫、稲垣のんの作品です。ストーリーは、ミランダが五年前に修道院に入った後、出てきた途端にヴィクターから突然プロポーズを受けるという、非常に面白い展開です。キャラクターも、ミランダとヴィクターの2人が非常に魅力的です。この作品は、読んでいて非常に楽しいです。ぜひ、おすすめしたい作品です。