「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」冨樫義博の新作

コンテンツ

冨樫義博の新作「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」が発売されました。この作品は、ハンター協会とビヨンドの“狩”の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるストーリーを描いています。レオリオとクラピカが十二支ん欠員になり、それぞれの思惑が絡み合う展開になっています。

「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」冨樫義博の新作が発売されました!そして、 ダンデ ライオン 漫画無限 の 住人 無料 漫画 など、今話題のマンガも充実しています!是非、お楽しみください!

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33

ハンター協会とビヨンドの“狩”の依頼

「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」では、ハンター協会とビヨンドの“狩”の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるストーリーが描かれています。ハンター協会は、世界中のハンターを統括する組織です。ビヨンドの“狩”は、ハンター協会から依頼を受けて行われる任務のことです。この任務を受けるハンターたちは、亡きネテロからの指令を受けながら、ハンター協会の依頼を遂行していきます。

レオリオとクラピカが十二支ん欠員に

「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」では、レオリオとクラピカが十二支ん欠員になります。レオリオは、ハンター協会の若きハンターです。クラピカは、ハンター協会から依頼を受けているハンターです。彼らが十二支ん欠員になると、それぞれの思惑が絡み合う展開になります。

パリストンの下へはジンが現れ

「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」では、パリストンの下へはジンが現れます。ジンは、ハンター協会から依頼を受けているハンターです。彼は、パリストンの下へと潜入し、ハンター協会の依頼を遂行していきます。

ストーリー展開

「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」では、ハンター協会とビヨンドの“狩”の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるストーリーが描かれています。レオリオとクラピカが十二支ん欠員になり、それぞれの思惑が絡み合う展開になっています。また、パリストンの下へはジンが現れ、ハンター協会の依頼を遂行していくストーリーも描かれています。

まとめ

「HUNTER×HUNTER モノクロ版 33」は、冨樫義博の新作で、ハンター協会とビヨンドの“狩”の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるストーリーを描いています。レオリオとクラピカが十二支ん欠員になり、それぞれの思惑が絡み合う展開になっています。パリストンの下へはジンが現れ、ハンター協会の依頼を遂行していくストーリーも描かれています。この作品は、ハンター協会とビヨンドの“狩”の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるストーリーを描いているので、ハンター×ハンターのファンは必見です!