「最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました―1巻」を読んだ感想

コンテンツ

孝野とりこ先生の「最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました―1巻」を読んだ感想をお届けします。恋を知らないOLの桃子が、顔も覚えていないお見合い相手から“もう一度会いたい”と言われ再会することになるストーリーです。 undefined

comic Berry’s最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました―1巻

ストーリー

桃子は、顔も覚えていないお見合い相手から“もう一度会いたい”と言われ再会することになります。現れたのはエリートで容姿端麗な大企業の御曹司・久人。久人は最初のデートでプロポーズしてきて…!? 『お気の毒さま、今日から君は俺の妻』という言葉をかけてきます。桃子は久人の態度が無礼で傲慢だと反発しますが、久人は桃子を惹きつけていきます。

キャラクター

桃子は恋を知らないOLで、普段は冷静な性格ですが、久人に出会うと桃子の中にある温かい気持ちが芽生えていきます。久人はエリートで容姿端麗な大企業の御曹司で、どうして忘れていられたんだろう…と思うほど存在感のある人物です。



描写

桃子と久人の交流を描いたシーンは、とても美しく描かれています。桃子が久人に惹かれていく様子が、とてもリアルに描かれていて、読者も桃子と共に久人に惹かれていくような気持ちになります。

感想

「最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました―1巻」は、恋を知らないOLの桃子が、顔も覚えていないお見合い相手から“もう一度会いたい”と言われ再会することになるストーリーです。桃子と久人の交流を描いたシーンは、とても美しく描かれていて、読者も桃子と共に久人に惹かれていくような気持ちになります。この作品は、恋愛を描いた漫画として非常に面白いです。

Amazonで購入

「最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました―1巻」は、 Amazon で購入することができます。

まとめ

今回は、孝野とりこ先生の「最愛婚―私、すてきな旦那さまに出会いました―1巻」を読んだ感想をお届けしました。桃子と久人の交流を描いたシーンは、とても美しく描かれていて、読者も桃子と共に久人に惹かれていくような気持ちになります。この作品は、恋愛を描いた漫画として非常に面白いです。