「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」 - みなと鈴の本

コンテンツ

みなと鈴の本「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」は、自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語です。著者自身の体験をもとに綴られた、母親の彩が前を向いて生きる決意をした物語です。

同級生 漫画 」と「 コロコロ アニキ レッツ & ゴー 」の2冊の漫画をご紹介します。まずは「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」 - みなと鈴の本です。この本は、自閉症の娘と母親の物語です。母親が自閉症の娘と共に歩んでいく中で、自閉症の娘が教えてくれたことを描いています。



ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~ 1

あらすじ

あいさつができず、パパもママも言えない1歳半の娘、ムーちゃん。 そんなムーちゃんが「自閉症」かもしれないとわかって…!? 理解を示さない夫と一度はぎくしゃくしたけれど、それでも前を向いて、ムーちゃんとともに生きていく決意をした母親の彩。著者自身の体験をもとに綴る、自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語。

著者の経験をもとにした物語

本書は、著者自身が実際に経験した自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語です。著者は、ムーちゃんが自閉症かもしれないとわかった時、夫と一度はぎくしゃくしたけれど、それでも前を向いて、ムーちゃんとともに生きていく決意をした母親の彩を描いています。

感動的な物語

本書は、自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語です。著者は、ムーちゃんが自閉症かもしれないとわかった時、夫と一度はぎくしゃくしたけれど、それでも前を向いて、ムーちゃんとともに生きていく決意をした母親の彩を描いています。本書は、愛と希望を持ちながらも、苦しい時もある家族の物語です。読んでいるうちに、涙が溢れてきます。

本書のまとめ

みなと鈴の本「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」は、自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語です。著者自身の体験をもとに綴られた、母親の彩が前を向いて生きる決意をした物語です。本書は、愛と希望を持ちながらも、苦しい時もある家族の物語です。読んでいるうちに、涙が溢れてきます。本書を読むことで、家族の絆を深めることができるでしょう。

本書を読んでみよう!

みなと鈴の本「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」は、自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語です。著者自身の体験をもとに綴られた、母親の彩が前を向いて生きる決意をした物語です。本書を読むことで、家族の絆を深めることができるでしょう。本書を読んで、愛と希望を持ちながらも、苦しい時もある家族の物語を学びましょう!

Conclusion

みなと鈴の本「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~」は、自閉症の娘への愛がたっぷりつまった家族の物語です。著者自身の体験をもとに綴られた、母親の彩が前を向いて生きる決意をした物語です。本書を読むことで、家族の絆を深めることができるでしょう。本書を読んで、愛と希望を持ちながらも、苦しい時もある家族の物語を学びましょう!